とよす株式会社は創業以来、百年以上にわたり、米菓一筋に、製販一貫体制を続けています。

とよす株式会社TOP

  • かきたねキッチン
  • JUKKA(十火)
  • あられとよす)
  • とよす洛味堂)
  • とよす
季節限定商品を探す
とよすの季節商品
セット商品を探す
とよすのセット商品
HOME > とよす株式会社について

とよす株式会社について

とよす株式会社は、創業以来、百年以上にわたり、米菓一筋に、製販一貫体制を続けております。その中でとよすが持ち続けた米菓への想いやこだわりを、とよすの歴史と共にご紹介いたします。

ごあいさつ

「美味しさ、感動、健康」を創造することを使命とし
「お客様」にとってより良い商品を提供いたします。

平素は当社の商品にご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

とよすは、1902年(明治35)年、創業者豊洲卯三郎が「丁寧に手作りした焼き立てを
お客様にお手渡ししたい」という夢を抱いて創業して以来、焼きたての美味しいあられを
「とよす」だと分かって食べていただきたい、お客様の嗜好や生の声を目の前で知りたいと
いう思いを受け継いでまいりました。
 高い品質を維持するための一貫生産体制、業界初の品質保証期間の明示など、
品質の追及とお客様第一主義の姿勢は、私たち創業以来の使命です。

日本の自然と農家の人々が育んだ「米」、米を寝かし、蒸すために用いる「水」を
はじめ素材をとことん見つめなおし、心と技を尽くしてつくりだす「あられ」。
 とよすはそんな「あられ」をお届けすることによって人々が笑顔になり、
また身も心も豊かに満たされていただきたいと願いながら日々働く会社です。

母〜娘〜孫三代に親しまれる「ひなあられ」、生野菜サラダのサラダ・ドレッシングの
ように焼き上げたあられにサラダ・オイルで風味をつけた「ハイサラダ」。
 素材や味わい、季節を感じられる形にこだわり1つ1つ真心こめておつくりした、とよすのギフト。

100年以上に亘って脈々と受け継がれてきた「とよす」の誇りとチャレンジ精神から、
あらゆる国や地方の料理を美味しくアレンジして取り入れる日本のキッチンさながらに、
「柿の種」に様々な料理のエッセンスを取り入れた「かきたねキッチン」が誕生し、
米の持つ力をとことん追求し、米本来の味にこだわり、厳選した山海の素材を使用した「十火JUKKA」を生み出しました。

「お客様と社会の支持と満足」や「信頼」を得るためにも積極的に新商品開発に取り組みます。

時代の流れを見てひとりひとりのお客様の好みに寄り添ったあられを作り、
「伝統的米菓」と「新しさの融合」のものづくりでお客様の思いもよらないようなプラスアルファの喜びや
感動をお届けし、「とよすブランド」としてお客様に信頼されるブランドを目指してまいります。

今後とも、皆様のさらなるご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

昔も、今も、そしてこれからも
「あられはやっぱり、とよす・・・」

とよす株式会社
代表取締役社長 助川 勉

とよすの歴史について

商売の幅を広げた初代 ― あられの焼上げ・卸から製販一貫産業へ ― 

明治35年、豊洲卯三郎は妻の実家である大阪の阿波座で「樋口」の屋号であられ製造を開業しました。
あられ生地屋から購入した餅を裁断し、あられ生地を作り、焼き上げて味付けし、菓子小売への卸しから商売を始めました。

しかし、あられ生地を買うより自分たちで作った方がよいと考えた卯三郎は製餅設備を揃え、息子の六郎とともに生地づくりから焼き上げ、販売まで一貫して行うようになりました。

あられは、もともと各家庭で固くなった餅の再利用として作られていたものです。
「のし箱」に入れて成形し、量産するようになったのは、明治になってからのことです。

戦前、かきもちの製造直販は関西ではほとんど見られませんでした。米菓のみ販売しようとすると、製造に手間がかかる割には種類を取り揃える必要があったためと思われます。

パン屋よりもやはり米菓 ― 戦中・戦後の混乱期にも持ち続けた米菓への思い ― 

六郎の代になってから、第二次世界大戦のさなか、大阪の九条にあった工場を閉鎖し、家族を連れて大阪の北摂、池田市に移り住みました。
大戦直後、米がほとんど手に入らなかったため、豊洲六郎は妻栄とともに配給の小麦粉を使い、職人を雇ってパン屋を営んでいました。

パン屋は大変繁盛しましたが、六郎はパン屋の一角で、地味ながらも少しずつあられを売り続けることはやめませんでした。
六郎は米菓への思いから、昭和25年に自ら商品開発できる米菓製造業に戻りました。
工場設備を整えて袋菓子を量産し始めた頃は、商品欲しさに問屋が工場まで取りに来て争って持ち帰っていた時代もありました。

高級米菓への道を模索 ― 新しい販路開拓から百貨店を視野に入れた直販へ ― 

戦後、米の生産量が増え、今度は米余りのため、政府が米加工業を援助するようになりました。
数々の米菓製造業が台頭し、大きな設備で大量生産を行うようになりました。
とよすは差別化のため、これまでになかったカテゴリーである高級米菓への道を模索し始めました。

日本で始めての地下街であるなんば地下センターのオープンと同時に、とよすの直売店第一号が開店しました。
当時は主に計量販売を行い、斬新な売り方として大変な人気を博しました。

その後、大阪ではいち早く阪神百貨店が「のれん街」として専門店を誘致しており、とよすでも、もっと美しいものを作ってその中に入りたいと望み、当時としては珍しく、早い時期から専属のデザイナーと契約して美しいパッケージを作る試みを開始しました。

テレビCMで知名度を上げる ―業界初のプロモーション手法― 

テレビCMを大々的に行ったのも、業界初の試みでした。
六郎の娘婿だった明光は、営業を担当しながら、販売を伸ばす方法を模索しました。

1960年代より、「二木てるみ」や「中村玉緒」を起用して、テレビコマーシャルを放映。
「とよすあ・ら・れ」のジングルとともに、広く名前が知られるようになりました。

1970年の大阪万博には、エキスポランドの目玉ジェットコースター、「ダイダラザウルス」の下にとよすの売店を開き、ここでも知名度を高めました。

画期的な新製品 ―今では米菓の定番となっている製品も登場― 

ひなあられの誕生

それまで風習として自宅で手作りしていたひなあられを商品として生み出したのも私ども、とよすあられでした。
紙で組んで作ったひな人形にあられを入れて販売したのもとよすが最初です。
これは、直売店を持つようになり、店頭映えする商品が必要になったことがきっかけですが、今では全国の幼稚園の雛祭時に配布されるようになっています。

サラダ米菓

揚げ米菓より品の良い、かつ現代的な味を追求する中で、生活の中に登場した「サラダ油」を使った製品を開発しました。
「サラダ油がけあられ」から、通称「サラダ」と呼ばれるようになり、米菓の定番の一つに加わっていきました。

とよすの自信作「ほうろく」

他社に無い繊細で美味な米菓を作ろうという試みのなかで、おこわのような粒々があり、薄く上品なおかきを目指し、手間をかけた「ほうろく」を創り出しました。
「ほうろく」の製造工程は、今でも殆どが手作りです

創作米菓 ―創業以来続く“米菓を創る”心意気―  

昭和50年代からは新しい創作的な米菓を目指し、クラッカーのディップや手作り最中のように自分でひと手間かけて食べる「とよかさね」、オードブルのカナッペのように米菓の上にナッツやチョコレート、レーズンを載せた「花天心」、季節のエディブルフラワーを米菓の表面に配した「季記有情」などを生み出しました。

そしてこれまでの柿の種の常識にとらわれることなく、自由な感性で新しい味に次々と挑戦し、柿の種のクオリティにもこだわった何度行っても新しい美味しさが発見できる柿の種専門店「かきたねキッチン」も現在は全国百貨店で展開しております。

とよす取扱いブランド

 

  • かきたねキッチン

    新しい美味しさを。
    日本初の柿の種専門店。

  • 十火JUKKA

    伝統を現代に、そして未来に
    昇華した米菓ブランド。

  • あられとよす

    110年続くあられへのこだわり。
    米で人を豊かにしたい。

  • とよす洛味堂

    日本の四季の便りを、お洒落カワイイ米菓にのせてお届け。

  • とよす

    昔も今も、そしてこれからも
    あられはやっぱり、とよす。

おすすめ商品

 

キキ&ララのオリジナルデザイン缶入りで新登場!かきたねキッチン・サンリオキャラクターズ

ポップで可愛いキューブBOX詰め合わせ

関西のお土産を選ぶ「はなやか関西セレクション」で「かきたねキッチン」が特別賞に選ばれました!2016年10月3日関西経済連合会70周年記念式典にてTHE FLOWER OF JAPAN KANSAI

お知らせ

  • とよす株式会社について
  • 取扱いブランドについて
  • ラッピング・のしについて

ブランド別 商品カテゴリー

 

かきたねキッチン

かきたねキッチン一覧

  • ロングバッグ
  • キューブ
  • セット・詰め合わせ
  • プチギフト
  • 期間限定
  • 季節物

十火

十火一覧

  • 撰 soroe
  • 丸 maro
  • 箔 haku
  • 恵 megumi
  • 餅 mochi
  • 洋 umi
  • 鞠 mari
  • 獺祭DASSAI×十火JUKKA
  • 詰め合わせ
  • プチギフト
  • 十火JUKKA季節物

あられとよす

あられとよす一覧

  • お八つ
  • ほうろく
  • 豆しお
  • あつみ焼
  • あられとよすセット
  • 季節物

とよす洛味堂

とよす洛味堂一覧

  • ななよせ
  • かのか
  • ハイサラダ・デリ
  • そらかな
  • 季節物

とよす

とよす一覧

  • ハイサラダ
  • とよすあられ

価格別 商品カテゴリー

  • 〜999円
  • 1,000〜1,999円
  • 2,000〜2,999円
  • 3,000〜4,999円
  • 5,000円〜

豆知識コンテンツ

  • ひなまつりとひなあられの
  • とよすの歴史

ショップインフォメーション

  • 初めての方へ
  • お支払・送料について
  • 返品交換について
  • ラッピング・のしについて
  • よくあるご質問
  • お問合わせ